都営住宅の自治会の活動は、月に一度のみんなでお掃除。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

都営住宅に住み始めて、初めての春です。

アメリカのワシントンの日米友好の証の桜の木が見頃を迎えているようですが、

日本は桜ももう散って、葉桜も意外とキレイなもんだな。

なんて気持ちです。

そんな春の先日、月に一度の同じ公団に住む住民たちが集合しての掃除がありました。

都営住宅の暮らしの中で、唯一、面倒くさいと感じる月に一度の住民みんなでのお掃除なんですが、実は3ヶ月ぶりなんですよね。

自治会長にでもならない限りは、この月一の掃除が自治会の唯一の活動です。

しかしこの時季、散った桜の花びらで掃除はとても大変でした。

スポンサーリンク

都営住宅の桜。

都営住宅には何と言うんですか、公園も隣接していますし、庭?林?緑がたくさんあります。

整備されてると言うほどではありませんが、おそらく都営住宅には公園や木や草花が必要な決まりがあるのでしょう。

どの住宅も似たような造りですもんね。

その中に、日本の木の代名詞、桜もあります

公園の方と、建物の反対側。こちらは外からほとんど見えないのでもったいないです。

でも3階のベランダからはキレイに見えて、ベランダで花見ができます。

月に一度の自治会の掃除。

月に一度、最初の日曜日の朝に住民みんなが集まって掃除するという決まりですが、1月は正月から間もないので無し、2月は理由もわからず、集まってみたら謎の中止、3月も理由はわかりませんが、掲示板に中止と貼り紙。

そんな感じで緩く運営されてるのが自治会の活動みたいです。

そして4月。

散った桜の花びらも大量ですし、みんなで建物の周りや公園の掃除をしました。

大量の桜の花びらでなかなか大変でしたが、1時間という決まりの中で、それなりに、キレイになりました。

ちなみにお年寄りや身体の不自由な方は掃除の参加は免除です。

うちは子供も連れて参加することが多いんですが、子供にとってはこういう活動って良い習慣で、良い社会勉強になると思います。

しかし午後には元どおり、大量の桜の花びらが積もる都営住宅の周りになってましたかどね…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする