都営住宅の自治会崩壊?先月で活動はほぼ終了。今後についてのお話合い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

写真はベランダから見える都営住宅の桜でーす。

都営住宅の自治会で行なっていた、月に一度の敷地内の掃除、自治会費の集金などを、都に委託する事が決まったのが、およそ半年前。

今月から東京都の管理で、それらの業務が行われる事になりました。

それに伴い、自治会費もアップ!

今後の自治会の活動はどうなる?

住民が集まっての説明会がありました。

スポンサーリンク

今後の自治会の説明会の参加人数は?

都に委託するための説明会ですが、別に役所の人やJKKの人が来る訳でもありません。

これまでの自治会の活動と同様に、集会所に集まって住民同士の話し合いのようなものですが、今回は議題がとても大きいですね。

なにせ自治会費が上がるし、これからの運営をどうするのか?

決める事もたくさんあるでしょう。

そんな説明会に集まった人数は…

10人…

僕の住んでる都営住宅は27部屋あります。

みんな聞かなくていいのかな?

説明会の内容。

そもそも参加率はもともと良くないですし、掃除当番をサボる人もいる自治会のユルい活動ですので、崩壊するのも時間の問題かな?

とも思っていましたが、思っていたより早くやってきた都への業務委託。

その内容について説明が、今の自治会長からありました。

自治会長は持ち回りで回していますが、今の自治会長が中心となって今回の委託の話しを、都と進めてくれたんですね。

これまでやってきた活動のうち、都に委託するのは

  • 定期的な住宅周辺の掃除。
  • 木や草、花の手入れ。
  • 1年に一度の下水管の清掃。
  • 切れた蛍光灯の交換。

これまではこういった業務も、自治会長さんが中心に住民が自分達でやったり、業者を手配してやっていました。

で、これらの費用を年間で見積もって均等に割ったのが、今後の自治会費です。

自治会費はいくらになる?

それまでの自治会費は1,500円でした。

今後の自治会費は、すでにJKKから通知が来ていて3,500円ほどになります。

これで自治会費の集金や、1ヶ月に一度、みんなで集まってやってた掃除も無くなる訳ですね。

都営住宅の自治会の活動は、月に一度のみんなでお掃除。
都営住宅に住み始めて、初めての春です。 アメリカのワシントンの日米友好の証の桜の木が見頃を迎えているようですが、 日本は...

この金額はこれまでの活動内容から割り出した金額で、もしも1年でそれ以上かかれば、来年度の自治会費は値上がりするそうです。

そこで問題が出てきました。

どこまで都に委託する?

そうです。JKKにどこまで委託するのか?

費用が上がれば、共益費として家賃に上乗せされていきます。

なので、自治会の活動自体はできるだけ負担が少ないようにしつつ、住民でできる事は住民でやった方が良いのでは?

中でも問題なのは、蛍光灯の交換。

廊下や自転車置き場の蛍光灯が切れると、これまでは自治会費で購入した蛍光灯を住民で付けていました。

これを都に委託すると、一回頼むだけで作業代、出張費で1万5千円かかるそうなんです。

これは確かに無駄ですね。

1年で10回頼むと15万円。1世帯当たり、年間で6,000円弱の負担です。

でも誰がやるのか?都営住宅には高齢者や身体の不自由な人も居ますので、その人達の分はどうする?

今までは出来る人が好意でやってたんですが、それも自治会があっての事。

議論が白熱してきました。

自治会の話し合いの結果。

まぁ結局、蛍光灯の交換は今まで通りで様子を見ましょうという事に。

自治会長はこれまで3人でしたが、2人で良いのでは?という話も出ましたが、これも今まで通り3人。

ですが、これまで負担が大きかったのは、正直、自治会費の集金だったそうです。

ちゃんと払ってくれない人も居ますからね…

これで月に一度の集会と周辺の掃除は無くなるので、自治会の負担はだいぶ軽くなりますね。

それから、これまでわりと自由に育てていた木や花たちは、自己責任で撤去!

都営住宅で家庭菜園?野菜やお花を育てても良い?
都営住宅をはじめとした公団には、おそらく必ずと言って良いぐらいに、隣接した敷地内に公園や草木が生えた庭のような場所があります。 ...

本来は禁止されていたことなので、当然と言えば当然です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする