都営住宅でも電気代、安くなる?電力会社をチェンジすると結構お得。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

都営住宅の電気代、高いとか安いとか?もしかして疑問に思っている人もいらっしゃるかと思いますが、都営住宅の電気代は、

一般の住宅と変わりません。

わが家の場合は3LDKの家族向けの住宅で、30A(アンペア)の契約です。

そして一般の住宅と同じように、電力会社を自分で選んで乗り換える事もできます。

今回はそんな都営住宅の電気代を少し安くするための電力会社の選び方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

電力会社の乗り換えはどのぐらいお得になるの?

光熱費は生活する上で必要不可欠な費用ですね。

都営住宅でも同じ事。

電気代、水道代、ガス代と、一般の住宅と同じように費用がかかってきます。

小まめに節電しながら節約しようと思っても、なかなか難しい事ですね。

でもそんな努力をしなくても電気代を安くする事ができるのが、電力会社の変更です。

適切な電力会社を選択する事で簡単に家計の節約ができますが、

現在、電力を提供する会社は、なんと200社以上!

その中から自分にピッタリな電力会社を選ぶのは至難の技ですね。

まずは代表的な新電力の老舗、ENEOS電気に東京電力から乗り換えた場合の料金の差を見てみましょう。

東京電力とENEOS電気の料金比較。

例えば3人家族で、7月の電力使用量が300kwの場合、ENEOS電気のVプランで、にねんとくとく割という割引きプランを適用してENEOS電気のサイトの電気料金シミュレーターで試算すると、

年間で6772円のお得。

という結果が出ました。

同様に、7月の電気代が、東京電力の通常プランで8,000円だった場合をシミュレーションすると、

年間で6,476円のお得。

という結果に。

単純に電力会社を乗り換えるだけでお得なのがわかりますね。

ちなみにENEOS電気の特徴は、

  • とてもシンプルに電気代が安くなる事。
  • それからたくさん使う家庭ほど、1kwあたりの電気代が安くなること。

スマホやインターネットとセットにして安くなるなどではなく、月間の電気使用量が120kw以上でおよそ2円、300kw以上でおよそ4円、1kwあたりの電気代が安くなります。(東京電力の従量電灯BまたはCプランとの比較)

こんな感じで都営住宅でも乗り換えるだけで電気代の節約ができる訳ですが、数ある電力会社の中から選ぶのは、正直一苦労、いえ、二苦労以上です…

下記のような自分に合った電力会社を一括比較してチョイスしてくれるサイトを利用すると便利ですよ。

≫電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

電気の乗り換えでキャッシュバックのあるパターンも意外と多くて、キャッシュバックを利用すればお得に乗り換えられます。

↓↓↓

それも面倒くさいなら、ENEOS電気がおすすめです。

わが家も都営住宅に引っ越して最初に乗り換えたのがENEOS電気でしたが、スマホの乗り換えのように解約違約金とか事務手数料がかかる事は一切ありませんし、思っていたよりも簡単でした。

【↓ENEOSでんきはコチラ↓】

都営住宅でおすすめの電力会社。

東京電力のTEPCO。

と、まぁここまで説明してきて、わが家は先日、東京電力のTEPCOに乗り換えました。

他の電力会社からの出戻りですね。

理由は、

Amazonプライムが永年無料だから。

ガス代もセットにする必要がありますが、Amazonプライムの年会費、4,900円分のAmazonプライムギフトコードが毎年もらえます。

既にAmazonプライム会員の方も、このギフトコードを使えば、会員期間が無料で1年延長されます。

色々とお得になる電気代のプランがありますが、これはお得さがめちゃくちゃわかりやすい!

Amazonプライムの年会費4,900円は、さっきのENEOS電気のサイトのシミュレーションで安くなる金額よりも低い金額ですが、確約されているお得額ですからね。

それにガスとセットにする事で、ガス代の方が安くなります。

【↓Amazonプライム無料の電気↓】

Loop電気

他にも特徴があっておすすめなのが、Loop電気という電気。

東日本大震災の被災地に太陽光発電の電気を届けるボランティアから誕生した電気で、ユーザーファーストの姿勢がピカイチ!

基本料金が0円というのが特徴で、加入にかかる費用0円、基本料金0円、解約手数料0円と、無料づくし!

それでいて口コミの人気も非常に高く、Loop電気はかなり注目の電気会社です。

どんなご家庭でも、ほぼ間違いなく電気代が安くなります。

もちろん都営住宅でも、試してみる価値ありですよ。

【↓基本料金0円のLoop電気↓】

J:COM電気。

ただ、やっぱり他のサービスとまとめる方がお得になるケースも多いです。

自宅のインターネットやテレビをジェイコムで契約しているなら、電気もジェイコムにまとめるのも選択肢の一つです。

月の電力使用量が300kwを超えると電気使用料が10%割引きになりますし、他のサービスとセットでの割引きもあります。

J:COM 電力セット割

↓セットでお得 J:COM電気↓

まとめ。

電気の自由化からすでに何年も経っていますね。これによって様々な割引きや特典が受けられるサービスが登場しています。

都営住宅でもこれらのサービスを受ける事は可能。

わが家も電気の乗り換えをするのは、実は3回目。

ENEOSでんきをはじめ、電力会社を乗り換えたからと言って、何も不便する事はありませんでした。

電気メーターも新品のカッコ良いのに無料で交換してもらえるし、

むしろお得のみ!

もちろん無理に乗り換える必要はありませんが、都営住宅でも電気代を安くして、簡単節約、お得に生活しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする