都営住宅の家賃はいくらくらい?計算方法とわが家の実際の家賃。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

都営住宅をはじめとした公営住宅。いわゆる公団ですね。

家賃が安いということは皆さんご存知かと思いますが、その家賃って実際のところ、一体いくら?

後半でわが家の家賃も公開します。

都営住宅は収入が少なくて住むところに困っている人に対して、東京都が安い家賃で住宅を貸し出すことが目的なので、家賃は当然安いです。

ですが、都営住宅に住むためには色々な条件をクリアしなければいけませんね。

意外と謎に包まれた都営住宅。その家賃は収入によって変わってきますので、家賃の計算方法を見て、あなたが都営住宅に入居できた時の家賃がいくらになるのかを知っておきましょう。

もう1つ気になる都営住宅の倍率はコチラ

狙い目は?当選するために知っておきたい都営住宅の抽選倍率を調べました。
都営住宅の抽選倍率、都営住宅に住みたい人にとって、最も気になることではないでしょうか? この倍率次第で当選確率が上がったり下がったり。...
スポンサーリンク

都営住宅に入居できる所得の条件。

そもそも、まずは所得が多い人は都営住宅に入居できません。

収入が少ない人のための住宅ですならね。

では収入が少ないってどのくらい?

都営住宅の入居資格の条件として、所得の上限は家族の人数によって違います。

まずは都営住宅に住める所得の上限を確認しておきましょう。

都営住宅の所得基準。

  • 2人:0〜2,276,000円
  • 3人:0〜2,656,000円
  • 4人:0〜3,036,000円
  • 5人:0〜3,416,000円
  • 6人:0〜3,796,000円

1番左は家族の人数です。入居する人、全員の所得の合計がこの範囲内でなければ、都営住宅に入居する資格がありません。

収入の少ない今時の若者の方が当てはまりそうですね。ぶっちゃけ、若者が都営住宅に住むのはかなり有利です。

都営住宅の選び方。団地の活性化に若い人でも入居しよう!若年ファミリー向けの公団。
全国各地の地方自治体が安い家賃で貸してくれる公営住宅、公営団地、都民住宅や都営団地というと、どんなイメージをお持ちですか? 家賃が安いとか...
30代?40代?子育て世帯はどの都営住宅に応募するべき?
一言で都営住宅の募集と言っても、様々な条件があります。 都営住宅では、その公団の入居者の年齢層、単身、家族、障害を持つ人などのバランスを見...

都営住宅の家賃の計算方法。

都営住宅の家賃は、住宅の立地条件、築年数、部屋の広さで、およそ近隣の家賃相場の1/3が最低家賃として設定されています。

そして世帯の所得によって変動します。

所得に応じて、1区分〜6区分に分類され、あなたの世帯の所得がどの区分に属しているのか?によって、あなたの家賃が決まります。

入居する人全員の所得を合計して計算して、どの区分なのかを確認してください。

画像の中の上側の表は、申し込み書に載っている募集住宅一覧と同じ表示です。

このように、申し込み書類の募集住宅一覧には、その住宅の最低家賃と最高家賃の記載があります。

これを見れば、区分毎の家賃の値段はおおよその予測がつくのではないでしょうか?

画像の例の場合ですと、1〜4区分までは約3,000円ずつ上がり、5〜6区分では約5,000円ずつ上がっていますね。

条件が緩くなる特別区分とは?

5区分と6区分は特別区分。

特別区分とは、心身障害者がいる世帯や60歳以上の高齢者世帯のことです。

特別区分の6区分に当てはまるご家庭は、入居できる所得の上限が、2人世帯で2,276,0100円から2,948,000円に引き上げられます。

もちろん特別区分で所得が少なければ、家賃は一般区分の1〜4区分の家賃が適用されます。

僕の住む都営住宅の家賃!

都営住宅の家賃は、資格審査の通知が来るまでわかりませんが、これで都営住宅の申し込み用紙の表と、世帯収入で何区分かを調べておけば、大体の予想はできますね。

ではいよいよ僕の都営住宅の家賃を発表します!

昭和50年代に建てられて、築年数は40年弱。広さは50㎡ちょっとの3LDK(ダイニングキッチンはちょっと狭いかな…)の家族向住宅。

収入は最低区分で、その家賃は…

¥31,500円

です。安いですね。

更にこういう制度もあります↓

家賃の減免制度について。

入居者の中でも、特に収入が少なかったり、母子家庭など特定の条件を満たすと、家賃がさらに安い家賃に引き下げる減免措置を受ける事ができます。

減免制度には、一般減免と特別減額があり、一般減免は所得の月額が65,000円以下の世帯。特別減額は母子家庭や心身障害者、難病患者、寝たきり老人がいる世帯で所得の月額が158,000円以下の世帯が当てはまります。

減免制度が適用されますと、家賃が10%〜最大50%の減額がされますが、これは申告制ですので、申告しないと減免措置は受けられません。

当てはまる世帯はJKKの窓口センターに申し出ましょう。

という訳で、その後↓

都営住宅の家賃の減免措置の申請をしたら家賃が半額になりました。
入居説明会でも少しだけ説明があった、都営住宅の家賃の減免制度。 もともと安い家賃の都営住宅ですが、減免の申請が受け付けられて適用される...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする