当選より確実!(条件アリ)都営住宅にポイント方式で入居する方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

都営住宅の申し込み方法には、主に2つの方法があります。

  • 抽選方式の申し込み。
  • ポイント方式での申し込み。

2つの申し込み方法にはそれぞれに特徴があるので、条件次第ではポイント方式での申し込みの方が、当選を狙うよりもかなり入居できる確率が上がります。

僕がポイント方式で申し込み、入居できた経験を踏まえて、そのポイントを解説します。

スポンサーリンク

抽選方式とポイント方式の違い。

2つの申し込み方法の違いは、その名前の通り、

  • 入居の候補者を抽選で決めるのか?
  • その人の都営住宅の必要度をいくつかの項目からポイントの高い人に決めるのか?

です。

どちらにしても、入居するには資格を満たしている必要があるので、入居の条件は確認しておいてください。

都営住宅の入居資格をわかりやすく説明します。
都営住宅をはじめとした公団住宅に入居するには、資格があります。 資格と言っても試験や免許が必要なわけではありませんよ。 なんだか難しそう...

都営住宅のポイント方式とは?

都営住宅のポイント方式による募集とは?という事をもう少し詳しく見ると

ポイント方式とは、抽せんによらず、書類審査や実態調査をした上で、住宅に困っている度合いの高い世帯から順に入居予定者を登録する方式です。
都営住宅では、2月と8月に家族向けポイント方式での募集を行っています。

ポイント方式による募集の際に申し込みできる世帯は、ひとり親世帯、高齢者世帯、心身障害者世帯、多子世帯、特に所得の低い世帯、車いす使用者世帯に限られます。

引用元:葛飾区ホームページより

という事。現在のお住まいの状況や収入、その他の条件に当てはまる必要がありますが、この条件に当てはまるなら、ぜひポイント方式での申し込みを検討してみてください。

ポイント方式の申し込み方法。

申し込みには専用の申し込み用紙があり、その用紙をしっかりと現在の状況を記入する事が、都営住宅の入居資格を得るためには重要です。

*ポイント方式の申し込み用紙↓

書式はそれほど変わる事も無いと思います。

実際に書類を手にして見ていただくとわかると思いますが、意外と細かく項目があります。

この書類に書いた内容によって、現在の住宅の困窮度が、点数によって付けられます。

もうおわかりだと思いますが、できるだけ、住宅に困っていたり、それでいて引越しができないような状況がわかるように記入しましょう。

ただし、嘘はいけません。

都営住宅のポイント方式の募集期間。

都営住宅のポイント方式の募集が行われるのは、毎年2月と8月です。

期間は2月の初めからと8月の初めから、それぞれ2週間ほどです。

特に大きな告知などもありませんので、忘れないように自治体のホームページをチェックしたり、区役所などに足を運ぶようにしましょう。

ポイント方式にしろ抽選方式にしろ、この募集期間を逃さない事が、当選するためには、まずは最も大事な事ですよ。

当選から入居までの期間。

そして、抽選方式で当選するにしろ、ポイント方式で優先順位が1番になるにしろ、それは資格審査を受けることができるようになったに過ぎません。

その後、資格審査や下見、実際に入居の申し込みや入居手続きを経て、申し込みから入居までの期間はおよそ8ヶ月かかります。

この間の手続きも、滞りなく進める必要があります。

申し込みから入居までの道のりは、かなり長いんですね。

まとめ。

都営住宅に住むためには、入居までの期間も長く、手間もかかります。

それでも、条件に当てはまっていれば、よほどの人気物件でない限り、抽選方式と比較して格段に当選率が上がると言っても良いのがポイント方式での応募です。

とにかく申し込み期間を逃さない事。

そして書類をしっかり書いてアピールする事。

そして、倍率の低めな都営住宅を選ぶ事。

これがとても大切ですし、入居希望者の方に出来ることはそれしかありません!

この点を踏まえて、ポイント方式で申し込みを忘れずにしてみてはいかが?

昭和50年代築の都営住宅でも、安い家賃を考えても、かなり快適に暮らせますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする